| 

FPと生命保険

生命保険の相談は、有料と無料のものがあります。生命保険会社や銀行が行う無料相談は、どうしても「自社の商品を売るための相談」になってしまうことは、想像がつきます。一方で、特定の企業や金融機関に属していない、独立系ファイナンシャルプランナーがそれぞれに、自身の考えにもとづいて、有料・無料を決めているケースもあります。

ただし「無料相談をしているFPのほうが良心的」「有料相談のほうが、お金をとるだけあって優れている」ということは、一概には言えないのです。

ファイナンシャルプランナーにも生活がありますので、無料相談ばかりを繰り返すことは、できないという事情があります。どこかで有料相談に切り替えるか、保険商品などを売るということで、FPの利益につなげるということをしなければなりません。また顧客にとっても「無料で相談に乗ってもらって、生命保険の契約は断る」ということは、気が引けるという場合も考えられます。

一方で、生命保険の相談そのものにお金を払うことで「じっくり相談ができる」「何かの商品を勧められた場合でも、割り切って断ることができる」というメリットはあります。

ただ、ファイナンシャルプランナーとの相性もありますので「有料だから、必ず満足の行く結果が得られる」とは限らないのです。

まずは「ファイナンシャルプランナーが信頼できるかどうか」を見極めましょう。その人が出版している書籍やインターネットの情報だけではなく、そのFPの講演、セミナーなどを実際に見に行くほうが、より細かく「人となり」を見極めることができるでしょう。

生命保険等の保険をどんな知り合いに相談しますか。このファイナンシャルプランナーの問題について考え続けていれば何とかなるものかもしれません。生命保険のファイナンシャルプランナー・FPをなのってコンサルティングをする営業マンも目立ちます。コンサルティングが的を得たものかどうかでどう生命保険がプランニングされるのかが決まると言っていいでしょう。ファイナンシャルプランナーと保険を考えましょう。いいファイナンシャルプランナー・FPに合えればいいのですが。-FPのことを聞いたことがありれますか。自分にとってどのような生命保険の選択が正しいのでしょう。そんな判断のプロです。性別や年齢によりそしてそれに加えて老後のためその他何のために金融資産や生命保険を選ぶかにより変わるのは当然です。ファイナンシャルプランナーとの相談は役に立ちます。-無料でファイナンシャルプランナーと面談できる生命保険無料相談サービスが広がっています。生命保険はどのような人と相談をするのでしょうか。どんな立場の人にお願いするかは重要なことです。生命保険無料相談サービスについては検討しましょう。生命保険ではこのような考え方に立っていいのです。FP技能士で生命保険。-

次を読む≫



link/ 00/ 01/ 02/