| 

生命保険相談と相続

生命保険は、一律に「これだけの保障があれば安心」というものではなく、契約希望者一人ひとりの状況に応じて、保障の内容を設定する必要があります。また、「いったん加入したら、後は何もしなくても安心」というものではなく、ライフステージに応じて見直しを行う必要があります。生命保険相談を受けて、どんな保障が必要かを確認すると良いタイミングとして「結婚したとき、子どもが生まれたとき、子どもが経済的に自立したとき、ご自身が定年退職をしたとき」だと言われています。独身の方であっても「葬儀代や、部屋の後片付けにかかる費用」くらいは、生命保険などで確保するという考え方もあります。

生命保険相談で考えておきたいのは「相続について」です。

相続税対策のことだけではなく、そもそも「相続が起こった場合(ご自身が亡くなった場合)に、必要な保障がどのくらいか」ということは、「預貯金がどれくらいあるか」「保険の加入状況はどうか」ということによって、変わってくるのです。相続税申告をスムーズに行うためにも、どのくらいの財産が、家族の誰の名義になっているのか、といったことは明らかにしておくのが良いかもしれません。

もしも、ご自身が亡くなってしまった場合に、ご遺族のために必要な保障として「葬儀費用、ご遺族の生活費、住宅にかかる費用、お子さんの教育費」があります。これら全てを生命保険で確保しようとすると、それだけ保険料が高くなってしまいます。たとえば住宅ローンを組んでいるなら、団体信用生命保険に加入している人がほとんどでしょうから、その部分の保障を改めて得る必要はなくなります。

預貯金が充分ある方の場合は、ご遺族の生活費やお子さんの教育費についての保障を、生命保険で得る必要はないかもしれません。ただ、預貯金を相続するのとは違って、生命保険金を受け取る場合には、相続人一人に付き500万円まで非課税となるという控除の仕組みがあります。これを活用するために、あえて生命保険に加入しておくという方法もあるでしょう。これらの考えは「どれが正しい、間違っている」ということではなく、ご自身のポリシー、好みにもよります。そのため、生命保険相談の機会を利用して、ご自身の考えを明確にしていきましょう。

あなたの生命保険の評判をよく調べてみるにあたり忘れてはいけないことは何のために入る生命保険かをよく認識することです。生命保険を契約するには生命保険評判が肝要です。生命保険等の保険をどんな知り合いに相談しますか。評判を考えますか。
生命保険評判
生命保険評判について|生命保険選びネットから
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/rank.htm
遺言書による相続対策というものはこのように考えることが考えるのが大切なのでしょう。遺言書について考えましょう。相続で失敗しないようにするためには遺産分割について安易に考えないことです。相続対策は工夫が必要です。遺産相続による対策がなければ将来の相続時においてとても難しい問題に直面します。ちゃんとこの遺言問題について考え続けていれば無事に相続を乗り越えられるかもしれません。-相続問題を経営していると苦労します。特に相続税納税資金の確保や相続税の扱いの問題はどの相続経営者でも難しい問題と言われています。財産問題で喧嘩しないで済むには相続の経営権をどうするかについて気楽に対応し過ぎないことです。相続税納税資金の確保や相続税の扱いの問題は生命保険の有効利用が役立ちます。相続税対策については検討しましょう。-

次を読む≫



link/ 00/ 01/ 02/